週末サイクリング部

ブレーキレバーとシフターを同一グレードで揃えよう!【Tiagra BL-4700】

Tiagra BL-4700とSL-4700

DAHON Visc EVOのブレーキレバーを『Tiagra BL-4700』に交換しました。

この自転車はTiagra 4700系で組まれているので、前からブレーキレバーもTiagraにしたいと思ってたんですよね~。

上の画像は交換後ですが、シフターのSL-4700と相性抜群です。

自転車用ブレーキレバーの売れ筋ランキングはこちら

Tiagra BL-4700とは

Tiagra BL-4700、ブレーキレバーの片側

スペック

モデル番号 BL-4700
シリーズ Tiagra 4700
クランプバンド直径 22.2mm
対応ブレーキタイプ Vブレーキ、カンチ、キャリパー、ディスク
レバーサイズ 2.5フィンガー
実測重量 168g

「TIAGRA」グレードのフラットバー用ブレーキレバー。あらゆるタイプのブレーキに対応します。

コンフォートなエルゴノミック形状のレバーはリーチアジャスト可能。

アウター&インナーケーブル付属

Tiagra BL-4700の付属品、アウター&インナーケーブル

アウター&インナーケーブルが付属

  • インナーケーブル 2本
  • アウターケーブル 2本
  • アウターキャップ 4個
  • エンドキャップ 2個

ケーブル類が付属するのはうれしい。

シマノ、ブレーキ用アウターケーブル、M-System

Mシステムというアウターケーブル。

ジャグワイヤーに比べて品質がいいです。

実測重量

Tiagra BL-4700の実測重量、詳細は以下

実測重量はセットで168g、片方84gです。

マレーシア製

Tiagra BL-4700はマレーシア製

Made in マレーシア。

ハンドルのクランプ経は22.2mm。

レバーサイズ (フィンガー)

Tiagra BL-4700のレバーサイズ、詳細は以下

レバーサイズは2.5フィンガー

実際に指をのせると確かに2本半といったところですが、指3本でも難なく引けます。

ブレーキラインアジャスター

Tiagra BL-4700のアジャスターは樹脂製

アジャスターは樹脂製です。

モード位置の切替方法

ブレーキ掛けの位置

Tiagra BL-4700のモード切替

取り付け前に注意事項があります。

「Vブレーキ」と「キャリパー、カンチ、ディスクブレーキ」では”ブレーキ掛け”の位置が異なり、対応するモードに切り替えて装着する必要があります。

モード切替表

Tiagra BL-4700のモード切替表

このモード選択を誤った場合、極端な効きすぎや制動不足を引き起こす可能性があり大変危険です。モード切替表に従い選択を実施してください。

ドライバーで固定パーツを取り外す

Tiagra BL-4700のモード切替、ドライバーでネジを外す

デフォルトは「Vブレーキモード」になっているので、Vブレーキを使用している方はそのまま使用して大丈夫です。

私はキャリパーブレーキなので、「キャリパー・カンチモード」に変更する必要があります。

まず、画像の小さなネジをドライバーで外して樹脂製の固定パーツを取り外します。

モード位置を切り替える

Tiagra BL-4700のモード切替、ブレーキ掛けの位置

ブレーキ掛けを「V」から「C・R」の位置に移動させます。

あとは樹脂パーツを元に戻してネジで固定すれば完了です。

モード切替完了

Tiagra BL-4700をキャリパー、カンチモードに切替

これでキャリパーブレーキのモード位置に変更できました。

ブレーキレバーを交換する

グリップに印を付けてから外す

自転車のエルゴグリップを外すとき白いペンで目印をつける

ブレーキレバーを交換するため、まずはグリップを取り外します。

エルゴノミック形状のグリップの場合、せっかくセッティングした手のひらを置く位置を見失わないように、白いペンで印を付けておきます。

こうしておけば前と同じ位置にグリップをセットできます。

ブレーキワイヤーを緩める

キャリパーブレーキのワイヤーを止めているネジを六角レンチで外す

ブレーキワイヤーを固定しているネジを緩めて、ワイヤーを外します。

アジャスターを外す

ブレーキインナーケーブルを外すためアジャスターを取り外す

ブレーキレバーからアジャスターを外します。

タイコを外す

Tiagra BL-4700からブレーキインナーケーブルのタイコを取り外す

ブレーキ掛けから”タイコ”を外します。先端の丸いやつをタイコといいます。

アジャスターの切り込みからワイヤーを抜きます。

新しいブレーキレバーに交換する

Tiagra BL-4700に交換完了

あとは新しいレバーに入れ換えて、ワイヤーを入れ直すだけ。

最後にレバーを10回ほど握って各部に異常がないか確かめましょう。

おわりに

SL-4700とBL-4700をdahon visc evoに装着

シフターと同じTiagra 4700シリーズだけあって、色が合いますね~。

Tiagraのロゴも揃っていい感じ。

エルゴノミック形状のレバーで前より握りやすくなりました。


この記事をシェアする