週末サイクリング部

キャリパーブレーキが引けるフラットバー用ブレーキレバーを比較してみた

BL-R550とBL-4700を比較

ブレーキレバーを「BL-R550」から「BL-4700」に交換しました。

どちらのレバーもキャリパーブレーキを引くために購入したものです。

今回はせっかくなので2つのレバーを比較してみようと思います。

Tiagra BL-4700のレビュー記事はこちら↓

自転車用ブレーキレバーの売れ筋ランキングはこちら

BL-R550とBL4700を比較

BL-R550とBL-4700を片方ずつ並べている

スペックを比較

モデル番号 BL-R550 BL-4700
シリーズ 105 5800 Tiagra 4700
クランプバンド直径 22.2mm 22.2mm
対応ブレーキ キャリパー、カンチ、ディスク Vブレーキ、キャリパー、カンチ、ディスク
レバーサイズ 2.5フィンガー 2.5フィンガー
シルバー、ブラック シリーズカラー
実測重量 172g 168g
機能 リーチアジャスト リーチアジャスト、バンパーストップ内蔵

なんとBL-R550は105 5800シリーズなので、TiagraであるBL-4700より上のグレードだったのです。はじめて知りました。

値段はどちらもセットで3,000円ほど。

大きな違いは、レバーの形状とBL-R550はVブレーキに対応していないことくらい。

レバーの開きを測定

BL-R550とBL-4700の最大開口部をメジャーで計測、詳細は以下

レバーを握る位置が違います。

最大開口部はBL-R550が8cm、BL-4700が7cm。

指のスタンバイ位置

BL-R550とBL-4700の指のスタンバイ位置

BL-R550は指を伸ばしてレバーを引きます。しかし、引きにくいと感じたことはなくしっかり握れます。

BL-4700はレバーが近いので指を軽く曲げておくことができます。

レバーの形状が違う

BL-R550とBL-4700のレバー形状を比較

BL-R550はレバーの角度が急ですね。

BL-4700はエルゴノミック形状らしく、自然に握ることができます。

レバーサイズを比較

BL-R550とBL-4700のレバーサイズを比較

どちらも2.5フィンガーのはずなのに、BL-R550の方が指をのせられる範囲が広い。レバーを3本の指でしっかり引くことができます。

BL-4700も3本指で引けますが、少々窮屈な感じ。

まとめ

どちらのブレーキも実際に使用しましたが、ブレーキの効きに違いは感じられませんでした。

フィーリングやカラーで選んでもらって問題ありません。

BL-R550

BL-R550をフラットバーに装着した様子

指3本でしっかり握りたいならBL-R550の方がいい。

色はブラックとシルバーから選べます。

ただVブレーキには対応していないので注意してください。

BL-4700

BL-4700をフラットバーに装着した様子

BL-4700は2本指のほうが引きやすい。2本指でブレーキを掛けてもよく効きます。

こちらはあらゆるブレーキ本体に対応しています。

素材感はBL-4700の方がいいですね。こだわって作ってある感じがします。

真っ黒ではないので、色を気にする人は注意してください。


この記事をシェアする