週末サイクリング部

ハブの玉当たり調整と掃除をしよう!カップ&コーンのメンテナンス

シマノ105ハブ(FH-5800)ブラック

『シマノ105 FH-5800』の玉当たり調整手順を紹介します。

新品の105ハブは、玉押しがキツめに調整せれているので全然回りません。

適切な玉当たり調整を行えば見違えるように回転が良くなります。

自転車用グリスの売れ筋ランキングはこちら

105ハブの玉当たり調整手順

使用する道具一覧

玉当たり調整に必要な道具一覧

今回使用する道具は以下の通り。

  • ハブコーンレンチ 15mm 1本
  • 六角レンチ 5mm 1本
  • 先曲がりピンセット
  • ベアリング球を入れる容器
  • ハブ用のグリス
  • パーツクリーナー
  • ペーパーウエス
  • 100均の注射器
  • 綿棒

ハブコーンレンチは厚さ2mmのものを用意します。厚い普通のレンチはナットに嵌りません。

5mmの六角レンチは強いトルクが掛けられるように柄の長いものを用意してください。

ロックナットを外す

105ハブ、ロックナットの外し方

まず反フリー側のロックナットを外します。

工具はハブコーンレンチ15mm六角レンチ5mmを各1本づつ使用します。

初期のロックナットは固めに締め込まれているのでグッと力を込めましょう。

ちなみにハブレンチは「ペドロス」を使用してます。

握りやすくて、滑りにくいからおすすめです。

105ハブのロックナットを指で摘んでいる

ロックナットを外すと”玉押し”が現れます。

玉押しを外す

105ハブの玉押しを指で摘んでいる

玉押しは素手で簡単に緩められます。

ハブ軸を抜く

105ハブのハブ軸を指で摘んでいる

フリー側から長いボルト(ハブ軸)をゆっくり引き抜きます。

ベアリング球を取り出す

105ハブの玉受けから鋼球を先曲がりピンセットで取り出す

内側にあるベアリングの鋼球(こうきゅう)を取り出していきます。

先曲がりピンセットを使うと簡単に鋼球を掴めます。

鋼球が内側に落ちてしまっても慌てずに。自然に落ちてこない場合は綿棒等で押し出してあげましょう。

無くさないように容器に入れる

105ハブの鋼球を容器に移す

鋼球は左右に9個ずつ入っています。

とても転がりやすいので無くさないように容器に入れましょう。

パーツクリーナーで洗浄する

105ハブから取り出した鋼球をパーツクリーナーで洗浄する

適当な容器に移したら、パーツクリーナーで洗浄します。

ついでにハブ軸、玉押しに付いた古いグリスもウエスで拭き取っておきましょう。

玉受けを綺麗にする

105ハブの玉受け内にあるグリスを綿棒で掃除する

ハブ内部の玉受けに残ったグリスは綿棒できれいにします。

100均の注射器にグリスを詰める

ハブ用グリスを注射器に詰める。モチュール、テックグリス300

画像の注射器は100均で購入したもの。

本来は液体とかを計る注入型の計量器。化粧品売り場に売っています。

これにハブ用グリスを詰め込みます。

グリスは「モチュール テックグリス300」を使用。

気に入って使用しているグリスです。回転系の整備はこのグリスで済ませています。

新しいグリスを注入する

105ハブの玉受けにグリスを注入する

掃除した玉受けにたっぷりと新しいグリスを注入します。

ほんとはグリスガンとかあればいいんですけど、これで十分に事足ります。

鋼球にグリスを絡ませる

105ハブの鋼球にあらかじめグリスを絡ませておく

綺麗にした鋼球はツルツル滑るので、あらかじめグリスを絡ませておきます

こうすることでピンセットで摘みやすく、玉受けに戻したあと落ちにくくなります。

鋼球を玉受けに戻す

105ハブの玉受けに先曲がりピンセットっで鋼球を摘んで戻す

鋼球を取り出したときと同様に、先曲がりピンセットで戻すと楽チンです。

ハブ軸を戻す

105ハブのハブ軸を挿入する

ハブ軸をゆっくり入れて、玉押しを指で軽く締めます。

ハブ軸、玉押し側にもグリスを塗るのを忘れずに。

ここから先が「玉当たり調整」になります。

玉当たり調整のコツ

玉押しの微調整

玉押しを指で締めて調整している

玉押しをガタがでないギリギリのところまで追い込んで締めます。

ベアリングがゴロゴロして回転に抵抗を感じるのは締めすぎです。

ガタつき・ゴロつきを確認する

105ハブのハブ軸を両手で摘んで、ガタつきをチェックしている

ハブの両端を持ち、揺すったり、回転させてガタつき・ゴロつきを確認します。

ガタつくのとゴロゴロするのでは、若干ゴロゴロするほうを優先します。

「ガタは絶対にNG」です。

なぜなら隙間があると走行中、段差などの衝撃で玉押しに傷が入って最悪破損します。いわゆる”虫食い”です。

詳しくは「玉押し 虫食い」で画像検索してください。

ロックナットを取り付ける

105ハブのロックナットを指で締めている

玉押しの位置が決まったらロックナットで固定します。

さて、ここからが本番です。

玉当たり調整は「玉押しを動かさずにロックナットで固定するのが難しい作業」なのです。

ガタつかず、ゴロゴロしない玉押しの位置を探すのは結構簡単です。ここだ!という位置がすぐに見つかるでしょう。しかし、その玉押し位置で固定するのが難しい・・

ロックナットを仮締めする

105ハブのロックナットをハブコーンレンチと六角レンチで軽く締める

玉押しを15mmのハブコーンレンチで固定。動かしてはいけません。

5mmの六角レンチで仮締めします。いきなり強く締めないように。

ガタつきを確認する

105ハブの玉当たり調整、ガタつきをしっかり確認する

ハブ軸を両手でしっかり持ってガタつきを確認します。

上下左右へと強めに揺さぶります。

少しでも隙間(ガタ)を感じたらやり直しです。

ゴロつきを確認する

105ハブを回転させてゴリゴリを確認する

指でハブ軸をクリクリ動かしたり、ホイールを回転させてゴロゴロしないか確認します。

回転に重い抵抗があるならやり直しです。

何度もやり直す

105ハブの玉当たり調整を繰り返しやり直す

玉当たり調整は一発で決まるものではありません。ベストな位置に固定できるまで何度も繰り返しやり直しましょう。

初心者の場合、玉当たり調整だけで30分から1時間ちょっとは掛かるとみてください。

ロックナットを本締めして完了

105ハブのロックナットを本締めして玉当たり調整完了

満足のいく位置に固定できたら、ロックナットを本締めして完了です。

おつかれさまでした。

まとめ

ベストな玉押し位置はすぐに見つかるんですけど、ロックナットで固定するのが難しい

まぁ何度もやり直せばそのうちコツが分かってきます。

気をつけることは「ガタつきは絶対NG」です。若干ゴロゴロしてたほうがマシ。

隙間があると走行中、段差などの衝撃で玉押しに傷が入る”虫食い”になってしまうためです。

適切な玉当たり調整をして快適に乗れるようにしましょう!


この記事をシェアする