週末サイクリング部

20インチ 451用 おすすめタイヤ&チューブ 11選

20インチ『451用のタイヤとチューブ』についてまとめてみました。

自転車用タイヤの売れ筋ランキングはこちら

451サイズ表記一覧

タイヤサイズ ETRTO規格 インチ表記 ミリ表記 C規格
20×7/8 23-451 0.90インチ 22.8mm 23C相当
20×1.00 25-451 1.00インチ 25.4mm 25C相当
20×1 1/8 28-451 1.10インチ 27.9mm 28C相当

451はサイズがイマイチわかりにくいので一覧表にしてみました。

23-28Cの3サイズだけ覚えておけば大丈夫でしょう。

以下では、おすすめのタイヤとチューブを紹介していきます。

23Cタイヤ (20×7/8)

パナレーサー ミニッツライト 23C

  • 重量:160g
  • 適正空気圧:6.0-9.0bar

ロードタイヤのテクノロジーを採用したハイスペックモデル。

軽量で23Cのタイヤを使いたい場合はこれしかない。

パナレーサー ミニッツタフ 23C

  • 重量:210g
  • 適正空気圧:6.0-9.0bar

ミニッツライトより50g重いが、その分耐パンク性能を強化したタイヤ。

貫通パンクだけでなくサイドカットなどあらゆるパンクに性能を発揮。

25Cタイヤ (20×1.00)

シュワルベ ワン 25C

  • 重量:175g
  • 適正空気圧:6.0~9.0bar

25Cタイヤはこのシュワルベワンのみ。

“抜群の転がり性能”と“最高の耐久性”を実現。

ミニベロ最強のタイヤとの呼び声が高い。

28Cタイヤ (20×1 1/8)

ケンダ クリテリウム 28C

  • 重量:260g
  • 適正空気圧:7-7.6bar

私の乗っているDAHON Visc EVOに標準で付いてきたセミスリックタイヤ。

空気圧を適正に管理すればパンクすることもない。

Amazonで2本チューブ付きで6千円ほどと安く購入できるのも魅力。

シュワルベ デュラノ 28C

  • 重量:255g
  • 適正空気圧:6~8bar

日頃の練習や週末のロングライドの使用におすすめ。

28Cタイヤの中では評価が高いおすすめのタイヤ。

パナレーサー ミニッツタフ 28C

  • 重量:260g
  • 適正空気圧:4.5-7.0bar

耐パンク性能を強化した優れたタイヤ。

耐久性が高くツーリングにも最適な仕様。

パナレーサー ミニッツライト 28C

  • 重量:190g
  • 適正空気圧:4.5-7.0bar

他の28Cタイヤよりだいぶ軽量。

28Cでも軽量なタイヤを使いたい場合はミニッツライトで決まり。

23-28C対応チューブ

パナレーサー R'AIR

  • 対応サイズ:23-28C(20x7/8~1 1/8)
  • バルブ長:34mm / 48mm / 60mm
  • 重量:61g

61gと軽量でありながら23-28Cと幅広いサイズに対応している。

バルブ長の種類も豊富だ。

23-25C対応チューブ

シュワルベ 7BSV

  • 対応サイズ:23-25C(20×0.90~1.00)
  • バルブ長:40mm
  • 重量:85g

0.90~1.00インチなので23-25Cに対応している。

バルブ長は40mmのみ。重量は85gとそこまで重くない。

28C対応チューブ

シュワルベ 7ASV

  • 対応サイズ:28C(20×1 1/8)
  • バルブ長:40mm
  • 重量:105g

28C専用のチューブ。

シュワルベを選んでおけば間違いないという安心感がある。

タイオガ ウルトラライト

  • 対応サイズ:28C(20×1 1/8)
  • バルブ長:36mm
  • 重量:66g

軽量で収納もコンパクトにまとまる28C対応のチューブ。

バルブ長が36mmなのに注意。

まとめ

451タイヤはパナレーサーやシュワルベによって軽量から耐久性のあるタイヤまで豊富にラインナップされています。

メーカーの選択肢は少ないですが、定番があるので迷いにくいかと思います。

調べてみると走り重視ならシュワルベワン、耐久性も重視するならシュワルベ デュラノが人気のようです。

23Cタイヤの場合は、パナレーサーしか選択肢がありません。

対して20×1 1/8の28Cは種類が豊富です。

28Cは街乗りからツーリングまで使用できるのが特徴です。


この記事をシェアする