週末サイクリング部

ユニクロのフリースは自転車の防寒具として通用するのか?

ユニクロのフリース

今や誰でも一着は持っているのではというユニクロの服。

その中でも冬の定番アイテムである『ユニクロのフリース』で寒い1月のサイクリングに耐えられるのか実践してきました。

実は12月に入ってからずっとユニクロのフリースを着てサイクリングに出かけています。

基本ウィンドブレーカーの下にこのフリースを着て、寒さに応じてインナーを調節する感じです。

で、これが驚いたことに寒くないし蒸れないしで快適。このフリース自転車ウェアとしてかなり優秀なんじゃないかという疑問が湧いてきたのです。

この冬はユニクロのフリースでしのごうと考えています。

腹巻きの売れ筋ランキングはこちら

気温1~4度の中をサイクリング

日中の気温が1度から4度

この日は1月上旬にしてはとくに寒く、

朝9時で1度、昼12時でも4度という寒さ。

この気温に耐えられればこの冬を乗り切れるだろうということでサイクリングへ出発。

服装の紹介

ナリフリのウィンドブレーカーとユニクロのフリース

こんな感じでユニクロフリースの上にナリフリのウィンドブレーカーを着ています。

ユニクロは防風フリースとかもあるようですが普通のフリースです。

ナリフリのウィンドブレーカーも防寒フィルムとかないよくあるジャケット。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

アンダーウェアの紹介

寒い冬の自転車、アンダーウェアを紹介

さらにフリースの中に以下を着用

  1. パールイズミ 長袖アンダーシャツ
  2. グンゼの下着
  3. モンベル ウエストウォーマー

気温5度くらいまでならグンゼの下着は着ないのですが、この日は気温1度ということで一応2枚重ねにしました。

モンベルのウエストウォーマーがお気に入りで冬の時期は普段から着用しています。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

パンツの紹介

コロンビアのハーフパンツとパールイズミのウィンドブレークタイツ

ちなみに下はアウトドアで有名なコロンビアの登山用ハーフパンツとパールイズミのウィンドブレークタイツです。

パールイズミのタイツが優秀なので下の防寒対策はこれで問題ないです。

走ってきた感想

朝9時に出発したので気温は1度

出だしから感じたことですがこの服装なら気温1度でもまったく冷気を感じません。日陰を長く走ると若干腕が冷たく感じるくらいです。

インナーを2枚重ねにしたので少し暑いかと思いましたが、私は平均速度20kmくらいで心拍数を上げて漕ぎませんから終始ちょうど良かったです。

ユニクロ フリースの効果

ユニクロのフリースはインナーとジャケットの間に着込む防寒のかなめ

このフリースの優秀なところは保温と通気です。

アンダーウェアを着込んで自転車を漕いでいると体がじわじわ暖かく蒸れてきますが、ユニクロのフリースはこの熱を放出してくれるので不快感がない。

よくあるピッタリ自転車ウェアと違って服にゆとりがあるので他の服との間に空気の流れができて温度調節がうまくいっているのだと思います。

また薄手のウィンドブレーカーだけでは防げない冷気をこのフリースが受け止め保温してくれていると考えます。

すでにウィンドブレークジャケットを持っている方にこのフリースは必要ないかもしれません。

今回の私のようにウィンドブレーカーなどと組み合わせて使用するといい感じの防寒具としてその効果を発揮してくれます。

このアンダーウェアがすごいっ!

ちなみに一番防寒に貢献しているのは一番下に着ていたパールイズミのアンダーシャツではないかと思います。

一着持っていると非常に頼もしいアイテムですよ。


この記事をシェアする