週末サイクリング部

DAHON Visc EVOに半年乗った感想とカスタム総まとめ!

dahon visc evo 2017年モデル

2017年も終わりなので今年最後に『DAHON Visc EVO 2017年モデル』のカスタムと半年乗った感想をまとめました。

Visc EVOを購入してから半年、サイコンの走行記録によると距離にして1884.7km、時間にして97時間サイクリングで使用しました。

折りたたみ自転車の売れ筋ランキングはこちら

Visc EVOのカスタムを大公開!

気に入って購入した愛車だからこそ愛着はひとしお。

乗っているうちに「もっとこうしたい」という欲望が沸いてくるものです。

カスタムは人それぞれ多種多様です。

私の場合たいしたカスタムはしていません。乗りやすさと使い勝手を重視しています。

それにDAHONってデフォルトの状態が一番格好いいんじゃないかと密かに思っています。

ハンドル周り

dahon visc evoのハンドル

① バイオロジックArxグリップ

握りやすいエルゴノミック形状のグリップです。

詳しくはこちらの記事(バイオロジック Arx Gripsは長時間でも手が痛くなりにくい)で紹介しています。

② TOGS(トグス)

クロスバイクでも使用していたTOGS。フラットバーハンドルの必需品です。

詳しくはこちらの記事(クロスバイクにTOGSを取り付ける|フラットバーに新たなポジション)で紹介しています。

③ シマノ BL-R550 ブレーキレバー

ブレーキレバーが短かったので握りやすいようにレバーの長いものに交換しました。

詳しくはこちらの記事(【自転車】ブレーキレバーを2フィンガーから4フィンガーに交換する)で紹介しています。

④ キャットアイ ベル

コンパクトで邪魔にならない。真鍮製なのできれいな音色がします。

⑤ Litepro ハンドルポジションチェンジャー

ハンドルの位置が近かったのでこれで延長しています。

詳しくはこちらの記事(Liteproのハンドルポジションチェンジャーでダホンのハンドル位置を伸ばす)で紹介しています。

⑥ キャットアイ CC-RD500B

走行記録はこのサイコンで計測しています。スマホと連携できるので便利です。

詳しくはこちらの記事(【レビュー】キャットアイ CC-RD500B|スマホと連携するサイコン)で紹介しています。

クランク周り

dahon visc evoのクランク

⑦シマノ 105 FC-5700 クランク

クランクを105にしてクランク長を170⇒165mmに変更しました。

詳しくはこちらの記事(クランク長を170mm→165mmに変更|踏むペダリングから回すペダリングへ改善)で紹介しています。

⑧ チェーンリングカバー

足元がどうしても汚れるのでチェーンリングカバーを付けています。

詳しくはこちらの記事(チェーンリングカバーでチェーン汚れを防止しよう!安くて取り付けが簡単)で紹介しています。

⑨ シマノ PD-M780

MTB用のSPDペダルPD-M780を使用しています。

詳しくはこちらの記事(【レビュー】PD-M780 (PD-M8000)|シマノ XT 両面SPDペダル)で紹介しています。

dahon visc evoのボトムブラケット

⑩TOKEN TK878EX ボトムブラケット

スクエアBBからホローテックにしたかったためトーケンのBBに交換しました。

詳しくはこちらの記事(【レビュー】TOKEN TK878EX|回転性能の高いBBに交換)で紹介しています。

シートポスト周り

dahon visc evoのシートポスト

⑪ タイオガ フォルティス

穴あきでない方のサドルを使っています。軽量化より乗り心地重視です。

詳しくはこちらの記事(【レビュー】タイオガ フォルティス|コンフォートサドルに交換)で紹介しています。

⑫ オルトリーブ マイクロ

スマートな見た目なのに容量たっぷりで気に入っています。

詳しくはこちらの記事(【レビュー】オルトリーブ マイクロ|完全防水・防塵を誇るサドルバッグ)で紹介しています。

⑬ Litepro 軽量シートポスト

重かったシートポストを交換。ちなみに2018年モデルでシートポストは軽量化されました。

詳しくはこちらの記事(AliExpressで注文したLitepro ダホン用 33.9mmのシートポストが届いた)で紹介しています。

ホイール周り

dahon visc evoのホイール

⑭ DATIハブ 軽量ホイール

海外通販で購入したホイール。前後で約1,000gと超軽量。

詳しくはこちらの記事(Aliexpressで購入した20インチ(451)軽量ホイールのレビュー)で紹介しています。

⑮ タイオガ ウルトラライトチューブ

チューブを軽量なものに交換しました。タイヤはデフォルトのままです。

その他カスタム

dahon visc evo カスタム

⑯ BBBローラーボーイ

リアディレイラーのプーリーをシールドベアリングのものに交換しています。

詳しくはこちらの記事(【レビュー】BBB ローラーボーイ|プーリーをベアリングに交換)で紹介しています。

⑰ テクトロ R539 ブレーキ

テクトロのちょっとグレードのいいブレーキに交換しました。

詳しくはこちらの記事(ロングアーチのキャリパーブレーキを交換する|シマノとテクトロを比較)で紹介しています。

⑱ ミノウラ ボトルケージホルダー

ボトルケージが1箇所しかないので必要なときはこれで増設します。

詳しくはこちらの記事(ミノウラ [BH-100] ボトルケージホルダー|ドリンクボトルを気軽に増設)で紹介しています。

⑲ トピーク X-15アダプター

ボトルを15度傾けます。試しに買ったのですが絶妙な角度で取り出しやすい。

詳しくはこちらの記事(トピーク X-15 アダプター|ボトルを傾けて容易に出し入れできる)で紹介しています。

⑳ バイクガイ マルチホルダー

何でも固定できるマルチホルダー。ハンドルポストに巻いていつでも使えるようにしています。

詳しくはこちらの記事(Bikeguy マルチホルダー|ひとつ持っておくと重宝するアイテム)で紹介しています。

半年乗った感想

dahon visc evoとサイクリングロード

乗り心地

はじめのうちはハンドリングがクイック気味でふらついていました。やっぱりロードと違って直進安定性が悪いんですよね。

またハンドル幅が54cmと狭く路面のノイズも拾いやすい。まぁこれらは小径車だからと諦めていました。

しかし現在はというと慣れました(笑)

人間慣れるものですね。バランス感覚というか体幹がついてきたんでしょうか。

乗り心地については至って普通。クロスバイクに乗っていたときと変わらずストレスなく乗りこなせています。

むしろ小径車のほうが姿勢を起こして楽な姿勢で乗れるから長距離で首や腰を痛めにくくなりました。

メンテナンス関連

約1,900km乗りましたがタイヤの減りはまだ大丈夫そうです。タイヤ面は台形になっていないですし中央の線はまだ薄っすら残っている状態です。

後輪タイヤの方が減りやすいので1500kmくらいで前後のタイヤを入れ替えると良いと思います。

タイヤはKENDAのクリテリウムというもの。推奨空気圧は7barなんですがお尻が痛くないように6barにしたら2回もパンクしてしまった。それからちゃんと7barにしていますが一度もパンクしていない。空気圧管理って大事なんですね(汗)

あとハンドルポストがきしむことがあります。そんな時はヘッドパーツのボルトを締めなおすと直ります。詳しくはこちらの記事(ダホンのハンドルポストから聞こえる異音を解消する)で紹介しています。

Visc EVOは最高です

近くのコンビニから100kmツーリングまで1台でこなせるそれがVisc EVO。

最近ヒルクライムを始めたのですがフロントダブルのおかげで坂道も難なく登ることができます。

スピードは普通に漕げは時速20~23kmくらい出るのですがこのくらいの速度で無理なく流すのが気持ちいいです。

なにより小径車は気楽でいい。

ロードは「速く走らなければいけない」ってどうも肩に力が入ってダメ。しかも景色を楽しむ余裕がなくただの作業という感じ。

ロードに乗っていたときには気づきませんでしたが空や木々を見ながら漕ぐのはモチベーションを維持するためにとても大事なことなんです。

やっぱり自分には小径車が合ってる。ロードバイクでは構えてしまう所でも小径車なら行ける自由さが存在します。

Visc EVOは私に自転車の本当の楽しみ方を教えてくれました。


この記事をシェアする