週末サイクリング部

【レビュー】シマノ TIAGRA SL-4700|上位グレードの機能を多く踏襲した変速機

シマノTIAGRA SL-4700

これはフラットバー用シフター『シマノ SL-4700』です。

TIAGRA(ティアグラ)グレードのシフターになります。

フロントダブルでリア10速の変速が可能です。

変速機・シフターの売れ筋ランキングはこちら

SL-4700とは

仕様

製品名 SL-4700
シリーズ TIAGRA
シフタータイプ ラピッドファイヤープラス
変速 2×10スピード
材質 アルミニウム
ケーブル OT-SP41
参考価格 ¥11,020

  • 明確なインデックスシステムによるスムーズなマルチシフト
  • インスタントリリース、ツーウェイリリース
  • 視認性が高いオプティカル・ギアディスプレイ
  • フロントダブル

多様なシフト操作が魅力

1. マルチシフト

シマノ SL-4700、マルチシフト機能

  • 1段分だけ変速する場合は①の位置まで操作
  • 2段分変速する場合は②の位置まで操作

従来の変速では1度の操作で1段の変速しかできませんでした。

SL-4700では1度の操作で2段一気変速が可能です。

実はこれもっと強くレバーを押し込めば③段、④段変速までいけるんです。

指が届けばですが隠れた機能といえます。

坂道と赤信号

ひと押しで2段一気に変速できるので坂道をスムーズに登れます。

また赤信号で止まるときに重いギアから軽いギアにしておきたいときにも便利。

状況に応じた素早い変速コントロールを実現します。

2. ツーウェイリリース(双方向解除)

シマノ SL-4700、2ウェイリリース機能

リリースレバーは手前に引いても前方に押しても解除可能な機構になっています。

普通は人差し指でレバーを引いて解除しますが、親指で押しても解除できます。

ブレーキレバーに指をかけたまま親指で操作できるので快適に変速できます。

これは実際に使っていただかないとわかりにくいかもしれません。

3. インスタントリリース

シマノ SL-4700、インスタントリリース

インスタントリリースではレバー操作と同時にワイヤーが解除されます。

今までのシフトレバーはカチッと音がするまで引き切らないと解除されませんでした。

SL-4700ではスパスパ!と変速が決まるので気持ちがいい。

これまでにない素早い変速が可能です。

SL-4700の互換性

シマノ SL-4700の互換表

互換性をよく確認して各パーツを組み合わせてください。

間違った組み合わせは変速に不調をきたす場合があります。

私の場合は下の構成で問題なく使用できています。

  • SL-4700 (シフター)
  • RD-4700-SS (リアディレイラー)
  • CS-HG500-10 (スプロケット)
  • KMC X10 (チェーン)
  • FD-4700 (フロントディレイラー)
  • FC-5700 (クランク)

KMC X10、FC-5700は互換表にないですが一応使用できています。

まとめ

以前SL-R440というシフターを使用していましたが、SL-4700は格段に軽くシフトチェンジできるようになりました。

一気に2段の変速が可能なので状況に応じた素早い変速をすることができます。

2段変速とインスタントリリースは右のシフターのみ対応です。

肝心の変速性能は抜群でスパスパ決まるので使用していて気持ちがいいです。

上で説明した機能は元々上位グレードにしか搭載されていない機能でした。

特にリアのシフトレバーは頻繁に動かす分アップグレードの恩恵は大きいです。

軽いレバー操作に多様なシフト操作が加わり、自転車の走行がますます楽しいものになるでしょう。


この記事をシェアする