週末サイクリング部

【レビュー】MOTUL TECH GREASE 300|セラミックグリスと回転性能を比較

モチュール、テックグリース300

自転車の回転部に使うグリスってどれがいいんだろう?

ネットで探していたら良さげなグリスを見つけたので試しに買ってみました。

それはモチュール『テックグリース300』というグリス。

低フリクションで非常によく回ると評判です。

これと手持ちのセラミックグリスを比較してみようと思います。

自転車用グリスの売れ筋ランキングはこちら

テックグリース300とは

モチュールがレースで培った独自の技術により開発されたリチウム系グリスです。

用途: ローラーベアリング、ベアリング、ハブ、ユニバーサルジョイント、ボールジョイント、ワイヤケーブル等

AZ セラミックグリス

エーゼットBGR-004セラミックグリス

エーゼット『BGR-004』というセラミックグリスです。

粘度が低めで非常に滑らか。

手触りはハンドクリームに近いかも。

いいグリスなんですが粘度が低めなので耐久性に不安があります。

そこで新しいグリスを探していたというわけ。

BGR-004とは

高性能のオレフィン系合成油をベースにセラミック粉末ボロンナイトライドを贅沢に配合した高性能グリース。

セラミックベアリングにも使用でき、防錆効果もあるため自転車のメンテナンス全般にご使用いただけます。

用途:自転車のBB、ハブ、ヘッド部分のベアリングや摺動部の潤滑

フリーボディで使用してみる

フリーボディのラチェット部分

今回はフリーボディのラチェット部に使用します。

セラミックグリスを綺麗に拭き取ってテックグリースを塗っていきます。

モチュール、テックグリース300のグリスの色

テックグリースをチューブから出してみました。

色はモスグリーン。

低粘度でちょっとオイリーな感じかな。

滑らかさはセラミックグリスの方がほんの少し上です。

匂いはよくあるリチウムグリスと同じでした。

動画で比較

テックグリースとセラミックグリスの比較動画です。

セラミックグリスも相当抵抗の少ないグリスなのに、それより5秒長く回っていますね。

テックグリースはラチェット音がセラミックよりかなり静か。

グリスは結構盛ったし、馴染んでない状態でセラミックより回るんだから、やっぱり回転性能はかなり高いのかもね。

まとめ

フリーボディにセラミックグリスが塗ってある

セラミックグリスについて

セラミックグリスも塗ったばかりで結構盛っていたんですけどグリスがデロデロに溶けかけてました。

少なくともフリーボディにセラミックグリスは向かないかも。

ゆる過ぎてフリーボディの爪にグリスが絡まない感じなんです。

ラチェット音がジィーとうるさく爪の当たりが強いので可動部に優しくなさそう。

テックグリースについて

テックグリースをフリーボディに使うと適度に粘り気があってヌルヌル、ヌメヌメ、回転する感じ。

フリーボディの爪によく馴染んでラチェット音が静か。

厚めに塗ってもフリクションロスが発生しにくく、性能が長持ちしそうな感じが伝わってきます。

走行中に足を止めるとホイールがスーッと回転して気持ちいい。

体感でもセラミックよりスピードが落ちずに長い距離を進んでくれるのが分かります。

購入前は半信半疑でしたが噂通りよく回るグリスで気に入りました。

フリーボディはもちろんBBやヘッド周りもこれでメンテしようと思います。

50gに小分けしたテックグリースも売っています。


この記事をシェアする