週末サイクリング部

チェーンリングの表と裏|正しい向きと取り付け方

チェーンリングの表裏、正しい向き

シマノ製チェーンリングには表と裏があります。

とくにインナーリングの表裏っていつも迷いませんか?

今回は「アウターリング」と「インナーリング」の取り付け方について紹介します。

チェーンリングの売れ筋ランキングはこちら

チェーンリングの正しい向き

アウターリングの取り付け方

アウターリングの取り付け方と正しい向き

アウターリングとは外側の一番大きいギアのことです。

「shimano 53-B」など歯数がマーキングされている面が表側です。

つまり「刻印がある方をペダル側の向き」に取り付けます。

インナーリングの取り付け方

インナーリングの取り付け方と正しい向き

インナーリングとは大ギア以外の内側にある中小ギアのことです。

アウターとは逆にマーキングのある面が裏側です。

つまり「刻印がある方をBB側の向き」に取り付けます。

取り付け位置

チェーンリングの正しい位置、クランクアームの裏にセット

アウターリングは「チェーン落ち防止ピン」

インナーリングは「凸部や△印」

をクランクアームの裏側にくるようにセットします。

まとめ

シマノ製チェーンリングの取り付け方

歯数の書かれたマーキング(刻印)に注目します。

  • アウターリングはマーキングが表側(ペダル側)となるようにセット
  • インナーリングはマーキングが裏側(BB側)となるようにセット

リングの位置はクランクアームの裏側に「チェーン落ち防止ピン・凸部・△印」がくるようにセットします。

覚えてしまえば簡単ですね。


この記事をシェアする