週末サイクリング部

チェーンリングカバーでチェーン汚れを防止しよう!安くて取り付けが簡単

樹脂製のチェーンリングカバー

安い樹脂製の『チェーンリングカバー』を購入しました。

チェーンリングカバーを装着すると、洋服の「裾汚れ」と「巻き込み」を防止することができます。またチェーンの脱落防止も期待できます。

自転車用チェーンリングの売れ筋ランキングはこちら

購入したチェーンリングカバー

PCD130mm 50~53T用

PCD110mm 48~50T用

重量は約70g(ねじを含む)

簡単な構造ですが効果は大きいです。

クランクセットを自転車から外さず簡単に装着できます。

チェーンリングとクランクを固定しているボルトの穴にこのカバーをはめて裏側からネジで固定するだけ。

足の汚れ防止

右足のふくらはぎに付いた自転車チェーンの黒い油汚れ

私の購入理由はこれ。

足に付く黒いチェーン汚れを防止することです。

気がついた時には足に黒い汚れが付いてしまっているんです。

この汚れが洋服についたら大変!頑固な油汚れはクリーニングに出さなければまず落ちません。

乗り方が下手なのかサイクリングの度に足が汚れるので今回の購入となりました。

購入したリングカバーのレビュー

樹脂製のチェーンリングカバーの裏側

チェーンリングにあるボルトナットの穴にカポッとはめて、裏側からネジで止める簡単な構造になっています。

商品のサイズと種類

樹脂製のチェーンリングカバーの仕様が書かれたシール

サイズは、「PCD110mm 48-50T」と「PCD130mm 50-53T」の2種類です。

50-53T用の直径は約22cm

価格は980円で送料無料、発送方法はクリックポストでした。

リングカバーの側面

樹脂製のチェーンリングカバーの側面

側面はこのようになっており、チェーンとカバーの間に余裕があります。

リングカバーの実測重量

樹脂製のチェーンリングカバーの実測重量、詳細は以下

重量はネジ込みで60gと軽量です。

先の尖ったタッピングネジが5本付属します。

チェーンリングに装着する

樹脂製のチェーンリングカバーをクランクに装着

装着したクランクはシマノ 105 FC-5700です。

リングカバーに1箇所くぼみがあり、そことクランクの裏側にあるチェーン落下防止ピンの位置を合わせてセットします。

クランクを外す必要はありません。

隙間からドライバーを通してネジを締めれば簡単に装着できます。

文章では伝えにくいですが左クランクの真裏のネジだけ長いドライバーだと斜めからしか入らず締めにくいです。その場合は短いドライバーを使用すれば大丈夫です。

樹脂製のチェーンリングカバーをチェーンリングに装着して真横から見る

取り付け完了!見た目はこんな感じ。

ネジ穴が空回りする

Amazonのレビューに何件か報告がありますが、私もハズレを引いてしまいネジ穴が1箇所ゆるくて固定できないところがありました。

残りの4箇所で問題なく固定できています。

樹脂製のネジ穴に金属製のタッピングネジで締めるので、何度も付け直したり締めすぎるとネジ穴がゆるくなりやすいので注意が必要です。

ゆるくなったネジ穴の対処方法

このタッピングネジは径が3.0mmなので、3.5mmの太いネジをホームセンターで買ってきて取り付ければ大丈夫でしょう。

いい商品なだけにこの点だけが残念です。

装着した感想

樹脂製のチェーンリングカバーを装着したダホンVISC EVO

全体はこんな感じ。

自転車は小径車のダホン Visc EVOです。

リングカバーを付けないほうがカッコいいですが、そこまで見た目は悪くない。

派手じゃなく気にならないというか自然な感じです。

足に汚れは全くつきません。当たり前ですがちゃんとリングカバーの役割を果たしてくれます。

商品説明にある通り、簡単な構造だけど効果は大きいです。

これだけのことなんですが、チェーンの汚れを気にしなくていいというのは驚くほど快適です。


この記事をシェアする