週末サイクリング部

オルトリーブ マイクロのネジ交換|サドルバッグの容量が劇的に増える

オルトリーブのサドルバッグ、マイクロ

これは『ORTLIEB(オルトリーブ) マイクロ』というサドルバッグです。

スポーツデポのアウトレットコーナーにあったので買ってみました。

今回はこのマイクロのネジを交換してバッグの容量をアップさせます。

オルトリーブ マイクロとは

仕様

製品名 サドルバッグ マイクロ 0.6L
容量 0.6L
素材 ナイロン
カラー ブラック、ライム、オレンジ
サイズ H12×W11×D8cm
本体重量 115g
型番 F9651
参考価格 ¥4,104(税込)

完全防水・防塵を誇るオルトリーブのサドルバッグです。

このサドルバッグマイクロは超軽量のロールクロージャータイプのサドルバッグです。

開閉口をクルクル巻いてサイドのフックに引っかけて固定どんなに水や泥・砂を巻き上げても内部へは侵入しません。

ユニークなフォルムながらも車種を選ばないデザインです。

内側の大きなナットが邪魔!

オルトリーブのサドルバッグ、マイクロの内側のナットが邪魔

サドルバッグ内側に大きなナットが5つあります。

実際に物を詰めると思っていたより邪魔でバッグの容量を削っています。

ネットで調べてみるとこのナットを交換するのは定番のようです。

というわけで見よう見まねでネジ交換にチャレンジしてみました。

ネジ交換に必要なもの

超低頭小ねじと袋ナット

必要なもの

  • 超低頭小ねじ M4 長さ 10mm x 5個
  • ワッシャー M4 x 5個
  • 六角袋ナット M4 x 5個

ネジは5箇所あるので各パーツも5個ずつ必要になります。

ネジ・ワッシャー・袋ナットは錆びないようにステンレス製を使用します。

大きめのホームセンターに行けばバラ売りでも買えると思います。

ロックタイト243とスプリングワッシャーM4

ネジにはネジ止めのロックタイトを塗布してから締めます。

振動で外れやすい2箇所にスプリングワッシャーを使用します。

オルトリーブのサドルバッグ、マイクロとネジ交換工具

使用した工具

  • マイナスドライバー
  • モンキレーレンチ
  • ラチェットレンチ
  • プラスドライバーソケット
  • ソケットレンチ 7mmと12mm

すべて100均 ダイソーの工具です。

交換作業

ネジの取り外し

オルトリーブのサドルバッグ、マイクロの特殊ネジ

このネジは特殊ネジなのですがマイナスドライバーで外せました。

溝の横幅が合うマイナスドライバーならいけると思います。

専用工具で外す場合は「トルクスのT15」が必要です。

オルトリーブ マイクロのネジの外し方

12mmのソケットレンチでバッグの内側にあるナットを固定してネジを緩めます。

オルトリーブのサドルバッグ、マイクロのネジを取り外した状態

このようにすべてのネジを外します。

大きなナットを外してみるとネジもナットも素材が樹脂でした。

ナットとネジを塗装する

オルトリーブのサドルバッグ、マイクロのネジをマットブラックに塗装

取り付け前にナットとネジが銀色のままだと見栄えが悪いのでマットブラックに塗装しました。

目に見えるところだけ塗装します。

シリコンオフ、ミッチャクロンマルチ、マットブラックのアクリルスプレーの缶

使用するもの

シリコンオフで脱脂してミッチャクロンマルチを吹いてからマットブラックのアクリルスプレーで仕上げています。

ネジを交換する

オルトリーブ マイクロのネジ交換に必要なもの

ネジやワッシャーの配置はこのようになります。

オルトリーブのサドルバッグ、マイクロのネジを交換している

レンチにプラスドライバーのソケットをセットしてバッグ内側からネジ穴にハメます。

袋ナット側は7mmのソケットで締めます。

ソケットレンチは2本あるとよかったです。

1本しか手持ちがないのでモンキーレンチで締めています。

オルトリーブ マイクロのネジ交換方法

画像の前側2箇所が振動で外れやすいので「スプリングワッシャー」を入れます。

10mmのネジだと微妙に長くて袋ナットが底付きするので厚めのスプリングワッシャーを入れて対策しています。

このようにスプリングワッシャーを入れてロックタイトを塗ってから締め込みます。

他のネジ3箇所は普通のワッシャーとロックタイトで締めれば大丈夫かと思います。

注意点

オルトリーブのサドルバッグ、マイクロの台座のネジ

この部分だけ袋ナットをバッグの内側に超低頭ネジを外側にします。

なぜかというと、このサドルバッグは台座とバッグをスライドして取り外すことができるからです。

「PRESSボタン」を押すとバッグ部分が外れます。

袋ナットを外側にすると出っ張りでバッグの脱着ができなくなります。

ネジ交換後のサドルバッグ

オルトリーブのサドルバッグ、マイクロのネジ交換が完了

これでネジの交換が完了しました。

マットブラックに塗装したので落ち着いた感じに仕上げることができました。

交換前との比較

オルトリーブのサドルバッグ、マイクロのネジ交換後の比較画像

超低頭ネジのおかげでバッグの内側がだいぶ広くなりましたね。

容量が目に見えて増えたのが分かると思います。

パンク修理アイテムが大きなナットにぶつからなくなったので入れやすくなりました。

このサドルバッグはネジ交換が必須のようです。


この記事をシェアする