週末サイクリング部

ミノウラ [BH-100] ボトルケージホルダー|ドリンクボトルを気軽に増設

ミノウラ ボトルケージホルダー BH-100

ミノウラ ボトルケージホルダー BH-100のパッケージ

こちらはミノウラ『HB-100』というボトルケージホルダーです。

ダホンのフレームは、ボトルケージが一箇所しかないので夏に向けて購入しました。

BH-100はサイズが二種類あるので注意が必要です。

HB-100とは

直径22-29mmに対応

直径28-35mmに対応

予備のボトルをハンドルバーやシートポスト上に1つ装着できるホルダです。

新開発のクイッククランプにより、ワンタッチで取り付け・取り外しができますので、遠出をするときなど必要なときにだけ簡単に予備ボトルを装備することができます。

セットするハンドルバーやシートポストのサイズに合わせて購入しましょう。

ダホンの場合、シートポストは33.9mmなのでΦ28-35mmの方を選びます。

ボトルケージの売れ筋ランキングはこちら

取扱説明書

ミノウラ ボトルケージホルダー BH-100の取扱説明書

真ん中のボルトで挟む物の幅に合わせて調節します。

33.9mmのシートポストだとボルトをだいぶ緩めて使用することになります。

一度調節すればあとはワンタッチで取り付け・取り外しができます。

実測重量

ミノウラ ボトルケージホルダー BH-100の実測重量

BH-100の実測重量は80gでした。

固定時の傷防止にナイロンバンドが2個付属しています。

ボトルケージの向きを変更する

ミノウラ ボトルケージホルダー BH-100の向きを変更する

ハンドルは縦向きに挟んで、シートポストは横向きに挟むことになります。

それに合わせてボトルケージの向きを変えれるようになっているのです。

ミノウラ ボトルケージホルダー BH-100の角度を調節するパーツ

角度調節のパーツはこのようになっていて、360°自由に向きを変えられます。

ボトルを取り出しやすいように、ボトルケージを斜めに傾けて設置することも可能です。

BH-100を取り付ける

ミノウラ ボトルケージホルダー BH-100をシートポストの前側にセットした

BH-100をダホンのシートポストに取り付けました。

シートポストの前側にセットすればボトルが取り出しやすい。

ミノウラ ボトルケージホルダー BH-100をシートポストの後ろ側にセットした

こちらはシートポストの後ろ側にセット。

見た目が野暮ったくなくスマートですね。

予備のボトルやツールボトルなどを入れておくとよいでしょう。

ミノウラ ボトルケージホルダー BH-100をダホンのハンドルポストにセットした

ダホンの場合は、ハンドルポストにセットすることもできます。

姿勢を変えることなくボトルへアクセスできます。

まとめ

BH-100を購入した理由は、工具が必要なく簡単に取り外せる点と十分な固定力です。

付属のビニールバンドは傷防止の他に、滑り止めの役割もはたしているのです。

レバーでパチンとロックすれば振動でズレることはまずない。

使用しない時は、レバーを起おこすと簡単に取り外すことができるので手間いらず。

夏のサイクリングは、ボトル1本ではまず足りません。

水分補給の重要性を知っていれば最低でもボトル2本は必須なのです。


この記事をシェアする