週末サイクリング部

TIOGA(タイオガ) ウルトラライトチューブを3本購入したのでレビューする

TIOGA(タイオガ)ウルトラライトチューブが3本並んでいる

Amazonでタイオガ『 ウルトラライトチューブ』を3本購入しました。

自転車用タイヤチューブの売れ筋ランキングはこちら

ウルトラライトチューブとは

紫色の箱が軽量なウルトラライトチューブで、水色の箱が通常のチューブです。

チューブのサイズ

TIOGA(タイオガ)ウルトラライトチューブのサイズ、詳細は以下

私は小径車用の『20インチ 451(20x1 1/8) バルブ長:36mm』を購入。

このチューブは台湾製のようですね。

重量を計測

TIOGA(タイオガ)ウルトラライトチューブの重量をキッチンスケールで計測、結果は以下

タイオガ ウルトラライトチューブ 3本それぞれの重量は、66g、66g、65gでした。

パナレーサー R’AIR』は更に軽い実測60gでしたが、タイオガも引けを取らない軽さです。

パナレーサー R’AIRとは

耐久性や耐パンク性を犠牲にした軽量化は意味をなさない。

軽さと耐久性のベストバランス。それがR'AIRの性能です。

従来チューブと比べ2.1倍もの伸縮性を持ち、高い振動吸収性と路面追従性を実現。路面から受けるライダーへのストレスを軽減します。

普通のチューブと比較

KENDAとタイオガのチューブを比較する

左がタイオガのウルトラライト66g、右の2つがKENDAで102gです。

こうして比較するとだいぶ大きさが違いますね。

タイオガの軽量チューブはコンパクトに折り畳めるので、サドルバッグやツールボトルの容量を圧迫することがないです。

チューブの精度

Panaracer R’AIRのチューブの精度

Panaracer R’AIRのチューブが一部に偏って膨らんでいる

実は以前購入したパナレーサー Rエアが、一部だけ偏って膨らむという不具合があったので、返品して今回タイオガのチューブを購入したのです。

そして、また性懲りもなく軽量チューブを購入したわけですが、タイオガの精度は大丈夫だろうか?パナレーサーのチューブに不具合があったので軽量チューブに疑念があります。

安かったので3本も買ってしまいましたが、ハズレがないことを願いつつチューブに空気を入れていく・・・

TIOGA ウルトラライトチューブの精度

TIOGA(タイオガ)ウルトラライトチューブ3本に空気を入れて並べた

おお、やるじゃん!タイオガ!

3本のチューブがすべて均等に膨らんだ!これが当然かな(笑)

20インチで軽量チューブとなると選択肢は少ないですが、今のところ個人的に「パナレーサー」より「タイオガ」がおすすめです。


この記事をシェアする