週末サイクリング部

DAHONとTernの4モデルを比較|折りたたみ自転車で輪行!

dahon visc evo折りたたんだ状態

今回はDAHONとTurnから走行性能の高い451ホイール搭載で、10万円前後の折り畳み自転車4モデルを紹介します。

折り畳みにする理由は「輪行」をしてみたいから。

今まで遠くて行けなかった地域でサイクリングを楽しむことができるようになります。

折りたたみ自転車の売れ筋ランキングはこちら

輪行をはじめる

折り畳みでなくても輪行はできるという意見もありますが、ホイールを外すのはすごく面倒です。

毎回そんな作業をするくらいなら輪行なんてしたくない。

また輪行バッグの面積が大きいと周りの迷惑を考えてしまい電車に乗せるのが消極的になります。できるだけコンパクトに折りたためる自転車にしなければなりません。

JRの自転車の持ち込み規定

JRの自転車の持ち込み規定

輪行袋からハンドルやサドルが一部でもはみ出しているものはダメ。輪行袋に完全に収納しなければなりません。

ビニール袋は破れるので使えません。折りたたまずに収納するのもダメです。専用の丈夫な輪行袋を使用します。

昔、電車内でサドルやハンドルが出た輪行袋を見かけましたが、現在は厳しくなっているようですね。

30秒あれば折り畳める

DAHONとTernというメーカーの横折れ式の自転車なら30秒もあれば折りたためます。

これなら大した手間ではないので電車での輪行にも気が乗ります。

購入候補

それでは、ダホンとターンの折り畳み自転車で451ホイールを採用していて、10万円前後の自転車をピックアップして見ていきます。

DAHON SPEED FALCO

DAHON SPEED FALCO (ダホン スピード ファルコ)

DAHON SPEED FALCO (ダホン スピード ファルコ) – [公式サイト]

重量12.1kg 価格86,000円

クロモリフレームで伸びのある走りができる。

フロントはシングルギアですが、フロントディレイラー用の台座があるので後からダブルに変更可能

フレームがスマートでデザインは好きです。クロモリなのでちょっと重め。

個人的にブレーキがキャリパーではなくVブレーキなのが残念かな。

コンポはシマノ アトラスの8速なのでカスタマイズが必要そう。

価格が安いのは魅力的。あとからカスタマイズのやりがいがありそうですね。

DAHON Visc EVO

DAHON Visc EVO(ダホン ヴィスク エボ)

DAHON Visc EVO(ダホン ヴィスク エボ) – [公式サイト]

重量11.1kg 価格123,000円

アルミフレームでスピードファルコより1kg軽い

コンポはティアグラの10速でキャリパーブレーキと装備はいいものが付いています。

フロントがデフォルトで53-39Tのダブル変速です。

曲線フレームが魅力的です。

「Re-Bar」テクノロジーを備えていてフレームの折りたたみが2箇所あるので剛性が高いらしい。

このヴィスクとスピードファルコもそうですが2017モデルからホイールが451化して走行性能がさらに高まったようです。

DAHON Mu SP9

DAHON Mu SP9(ダホン ミューSP9)

DAHON Mu SP9(ダホン ミューSP9) – [公式サイト]

重量11.1kg 価格99,000円

アルミフレームでダホンのインターナショナルモデル。

曲線的なフレームですね。

コンポはシマノ SORAの9速なので性能は問題なし。

フロントはシングルギアですが、フロントディレイラー用の台座がないのでダブル化はできません。

Tern Verge D9

Tern Verge D9 (ターン ヴァージュD9)

Tern Verge D9 (ターン ヴァージュD9) – [公式サイト]

重量12.2kg 価格109,000円

フレームが7005アルミで硬そう。

フォークはクロモリで、コンポはマウンテンバイク用のシマノ アセラで9速です。

フロントはシングルギアでこれもフロントディレイラー用の台座がない。画像では台座があるのですが、実物は無くなっています。

ホイールのリアが135mmと変なサイズなので、ホイール交換に難ありかな。

フレームが格好いいですね。

購入候補まとめ

451ホイールを採用している折りたたみ自転車が2017年モデルあたりから増えてきましたね。

10万円前後ではフロントギアがシングルのものが多くフレーム重量がそこそこ重め。

私の場合は街乗りだけではなく長距離サイクリングとオールラウンドに使用したいのでフロントギアがダブルだと安心

そのため購入候補はダホンの「SPEED FALCO」か「Visc EVO」の二択になります。

少し値段が高いですが自分の欲しい機能が全て備わっている「Visc EVO」がよさげ。自分の使いみちにあってる。


この記事をシェアする