週末サイクリング部

スプロケットの取り付けに必要なスペーサーまとめ

フリーハブのスペーサー1mmと1.85mm

シマノ用フリーハブにスプロケットを取り付ける際、

1mmと1.85mmスペーサーのどれを使うのか?

ついつい忘れてしまいがちです。

そこで各段数のスプロケットに必要なスペーサーの組み合わせをまとめました。

11速対応ホイール

11速対応ホイールのフリーハブとスペーサー

11・10・9・8速用のスプロケットが装着可能です。

※シマノCS-6600ジュニアスプロケット、CS-4600(TIAGRA)、CS-HG500-10をご使用の場合1mmスペーサーは必要ありません。

11速用スプロケット スペーサー必要なし
10速用スプロケット 1mmと1.85mmスペーサーが必要
8・9速用スプロケット 1.85mmスペーサーのみ必要
CS-4600/6600/CS-HG500-10 1.85mmスペーサーのみ必要

10速対応ホイール

10速対応ホイールのフリーハブとスペーサー

10・9・8速用のスプロケットが装着可能です。

※シマノCS-6600ジュニアスプロケット、CS-4600(TIAGRA)、CS-HG500-10をご使用の場合スペーサーは必要ありません。

11速用スプロケット 装着できない
10速用スプロケット 1mmスペーサーが必要
8・9速用スプロケット スペーサー必要なし
CS-4600/6600/CS-HG500-10 スペーサー必要なし

10速用スプロケットに要注意

10速用スプロケットを11速対応ホイールに装着するには、1mmと1.85mm両方のスペーサーが必要です。

そして10速対応ホイールでも1mmのスペーサーが必要です。

この1mmのスペーサーを忘れてしまいがちです。

「10速対応ホイールだから、10速用スプロケットにスペーサーは要らないだろ」と安易に考えてしまうのです。

スペーサーを入れ忘れると・・・

フリーボディにスペーサー入れ忘れ

かくいう私もこの1mmのスペーサーを忘れて装着していたことがあります。

気がついたときには画像のようにフリーハブが傷だらけになります(泣)

中古ホイールでこのような傷が入ったフリーハブをよく見かけます。

きっとスペーサーの入れ忘れが原因ですね。

このようにならないためにもスプロケットごとに必要なスペーサーをまとめたのでよかったら参考にしてください。


この記事をシェアする