週末サイクリング部

【レビュー】モンベル ジオライン ウェストウォーマー|お腹の冷え対策!

モンベルの紙袋とウェストウォーマー

寒い日のサイクルング後に熱いシャワーを浴びるとお腹や胸が真っ赤になることがあります。それだけ自転車はお腹に冷たい風が当たり続けるのです。

お腹の冷えで体の不調といった症状を出さないためにも『腹巻き』が必要です。

そこで、今回紹介するのはモンベルの『ジオライン EXP.ウェストウォーマー』という商品。

腹巻きの売れ筋ランキングはこちら

ジオライン EXPウェストウォーマーとは

スペック

製品名 ジオライン EXP. ウェストウォーマー
素材 ジオライン[ポリエステル+ポリウレタン]
平均重量 74g
カラー ブラック(BK)
サイズ S(ウエスト57~71cm)、M(ウエスト71~85cm)、L(ウエスト85~99cm)
対象 男女兼用
価格 ¥2,100+税

体に心地よくフィットし、ストレッチ性に優れるので、体の動きに追随し、ズレにくくなっています。

二つ折りにして使用することも、広げてお尻まで覆うこともできる長めの丈に設定しています。

厳寒地での使用にも対応する厚手のウエストウォーマーです。

EXP. ウェストウォーマーのレビュー

モンベルのジオラインEXPウェストウォーマーのパッケージ表面

というわけで、モンベルで腹巻きを買ってきました。

グンゼやワコールの腹巻きは1,000円程なので、それでもよかったのですが普段使いのほかにサイクリングでも使用するので汗抜けのよいアウトドアブランドのこちらを選びました。

ジオラインとは

モンベルのジオラインEXPウェストウォーマーのパッケージ裏面

モンベルがアンダーウェアのために糸一本から独自開発した高性能素材です。

遠赤効果により体を芯から温めながら、繊維間に空気を豊富に蓄えることで暖かさを持続します。

制菌・防臭効果やストレッチ性、吸水速乾性にも大変優れ、快適な着心地を実現しています。

注目の機能は、汗をかくスポーツでも使える速乾性で、汗を素早く放出してくれることです。

開封の儀

モンベルEXPウェストウォーマーが丸まってコンパクトになっています。

こちらは厚手で極寒地での使用にも対応します。

もうひとつの薄手は1年を通して使用できるそうです。

ロードバイクで大量の汗をかく方は薄手でもよいかもしれないですね。

モンベルEXPウェストウォーマーを指で摘んで厚みを確認しています。

厚手と言っても普通の腹巻きと同じくらいの厚みです。

厚手とのことで汗抜けが心配でしたが、湿る気配もなく快適です。

モンベルEXPウェストウォーマーが床に広がっています。

肌触りがよく本体は長めにできています。

ストレッチ性があり体によくフィットします。

モンベルEXPウェストウォーマーのラベル、詳細は以下

素材:ポリエステル 98% ポリウレタン 2% 重量:74g

着用してみました

人がモンベルEXPウェストウォーマーを着用している

着用した瞬間から暖かさを感じられます。

ストレッチ性があり、身体の動きに追従するのでズレにくい

本体が長めなので胸の下からお尻まで広範囲を覆うことができます。

お腹だけでなく腰も冷やさずに保温できます。

人がモンベルEXPウェストウォーマーを二つ折りにして着用している

二つ折りにすればお腹を重点的に保温できます。

まとめ

寒い日に運動していると身体は温まっているので気が付きませんが、実はお腹が冷えています。

スポーツ前提なら一般の腹巻ではなく汗抜けのいいモンベル ジオラインを選びましょう。

自転車のアンダーウェアは汗抜けする素材でないといけないのです。

お腹には様々な臓器があります冷やしていいことはありません。

冬場のサイクリングはお腹が冷えすぎて体の不調につながるので保温のために腹巻きをしましょう!


この記事をシェアする