週末サイクリング部

【自転車】WH-R501とWH-6800|軽快に走れる軽量ホイールを紹介

シマノの自転車ホイールWH-R501のハブ付近が写っています。

ロードバイクにガチで乗っている人のホイール選びではなく、「サイクリング向きなホイール」について考えてみました。

週末サイクリストに高級なホイールは必要か?

重いホイールから1500g前後の高価で軽いホイールに交換すると1・2回目に乗るまでは「すげぇホイールだ!」って感じるのですが、3回目のサイクリングには 「あれ、こんなんだったっけ?」とホイールに重さを感じるようになってしまう。

それだけ人間の筋力は落ちやすく、慣れてしまうんです。

私のような週末サイクリストは筋力もすぐ落ちるので高価なホイールは勿体ないとうい結論に至りました。

そこで、軽くてそこそこ走るコスパのいいホイールをご紹介します。

まずは、比較対象としてシマノの定番ホイール『WH-501』の評価から。

自転車用ホイールの売れ筋ランキングはこちら

シマノ WH-501とは

スペック

製品名 WH-R501 WH-R501-30
リム材質 アルミニウム アルミニウム
リム高 24mm 30mm
スポーク数 前20 後24 前20 後24
リム幅 20.8mm 20.8mm
平均重量(QR抜き) 前822g 後1078g 合計1900g 前875g 後1126g 合計2001g
対応タイヤ クリンチャー(推奨タイヤ700C 19-28C) クリンチャー(推奨タイヤ700C 19-28C)
対応スプロケット 8/9/10スピード 8/9/10スピード
参考価格 ¥13,065 ¥16,350

コストパフォーマンスに優れたエントリーモデル。

シマノホイールの技術と信頼性を気軽に体感できます。

クリンチャータイヤ対応のホイールとして好評だったWH-R500。

その後継ホイールとなるのがこの「WH-R501」。

コストパフォーマンスがいいので、過酷な練習用などにもおススメ。

WH-501の評価

サイクリング程度なら『WH-R501』で十分かというとそうでもない。

WH-R501の重量は1900gです。

これだと軽い傾斜の坂道でも重さを感じると思います。

一般道もまっ平らではないですから、ホイールが重いと疲労が貯まっていくのでWH-501では軽快にサイクリングできるとは言い難いと思います。

しかしながら、WH-501は平地を時速25km前後で走るくらいなら高級なホイールと変わらないですし、なによりラフに扱えます。

坂道や漕ぎ出しに少し重さを感じるだけですので『WH-R501はコスパ最強』でしょう。

坂道が少し気になるくらいですから、通勤通学、街乗り、もちろん長距離サイクリングもWH-501で基本問題はないです。

軽快にサイクリングできるホイール重量は?

では、本題です。

軽快にサイクリングが楽しめるホイール重量は『1650~1750g前後』と個人的に思います。

ヒルクライムでは重い部類ですが、あくまで一般道でのサイクリングの話です。

ホイール重量が前後で1750gまでなら坂道や信号待ちからの漕ぎ出しもストレスは感じないはずです。

そして、このグレードで一押しのホイールは『シマノ ULTEGRA WH-6800』です。

このホイールでも満足できない方は、同グレードでどんなホイールに交換しても無駄に終わると思います。

WH-6800とは

スペック

製品名 WH-6800
リム材質 アルミニウム
リムタイプ チューブレス対応/クリンチャー
リム高 23mm
スポーク数 前16 後20
リム幅 20.8mm
重量(QR抜き) 公表:1640g
実測:前715g、後961g 合計1676g
対応タイヤ クリンチャー(推奨タイヤ700C 23-28C)
対応スプロケット 8/9/10/11スピード
参考価格 ¥49,096

コスパの高い軽量ロードバイクホイールです。

プロツアーに実戦投入されている技術を継承した「アルテグラ」シリーズの軽量ホイール。

チューブレス化も可能なので、チューブレスタイヤを使ってみたい方にもおススメ。

ワイドフランジとオフセットリムにより、剛性とパワー伝達能力も向上。

WH-6800を買えば間違いない

今まで様々なホイールを使用してきましたが、私が実際に肌で感じた経験からこの重量帯のホイールなら『WH-6800』一択です。

デフォルトのホイールからWH-6800に交換すると、まず漕ぎ出しが軽い。そして、そのままスピードを上げて平地を走る分には違いはそんなに感じないと思いますが、登りで笑ってしまうくらいの違いが出ます。

ド定番のホイールをおすすめして、つまらないかもしれませんがWH-6800は、品質、乗り心地、重量、価格を総合してみても3万円台でこの乗り味が手に入るならコスパ的に申し分ないです。


この記事をシェアする